【お知らせ】飛沫防止パネルのご紹介

【お知らせ】, オフィス家具, コロナウイルス対策 1 Comment

こんにちは。

弊社では只今飛沫防止パネルのお取扱いをしております。
e382a2e382a4e383aae382b9e38381e38388e382bbe6a798e38080e9a39be6b2abe998b2e6ada2e38391e3838de383ab
※画像はアイリスチトセ様の商品です。
この商品の他にも飛沫防止パネルのお取り扱いをしております。詳しくは弊社までお問い合わせください。

コロナウイルスが広がっている現在も窓口での業務をされている企業様、官公庁様が多いことかと存じます。

声を出してコミュニケーションをされる以上、少なからず飛沫が生じます。

そんな時に飛沫防止パネルがあれば、感染のリスクが何も遮るものが無い場合よりも抑えられることに加え、

精神的に少しばかりでも安心感が生まれるのではないかと存じます。

商品についてのお問い合わせはメール・電話でも承っておりますので、お気軽にお声掛けくださいませ。
http://www.me-beru.co.jp/contact/index.html

T・S

レビュー ~ITOKI バーテブラ03編②~

未分類 No Comments

~前回までのあらすじ~
バーテブラ03のレビューをしていたT・S。
座面昇降のレバーを紹介しようといつも通り座面の下を見てみたものの、
なんとそこにはレバーが無かったのであった…。
(あらすじ終わり)

前回は容量の都合上、尻切れトンボで終わってしまいました。
今日ももちろん前回に引き続きバーテブラ03のレビューをお送りします。

さて、前回謎のままになっていた座面昇降レバーは果たしてどこにあるのか。
ここがバーテブラ03最大といってもいい特徴なのです。
なんと座面昇降のレバーは…
ここなんです↓
e5baa7e99da2e69887e9998d2

なななんと、レバーですらありません!
この部分をひねることにより、座面を上げ下げすることができるのです!
手元だけで完結する簡便さは他の商品にはない唯一無二のアドバンテージなのです。
どうです?気になっちゃいましたか?
もし気になった方は弊社までお気軽にご連絡ください!
直接会うことがはばかられるこのご時世ですが、
電話やメールでお話を伺うこともできますので、ぜひよろしくお願いします。
T・S

レビュー ~ITOKI バーテブラ03編①~

オフィスチェア, オフィス家具 No Comments

こんにちは。
本日は金曜日、週末までのひと踏ん張り、頑張っていきましょう。
どうも、最近最寄駅から弊社までの道のりでほとんどの信号に引っ掛かるT・Sです。

今回は昨日の椅子選びのポイント紹介に関連しまして、
実際にこんな商品がありますよ、というレビュー(ご紹介)をいたします。
今回ご紹介するのは、イトーキさんの「バーテブラ03」というオフィスチェアーです。
公式HP:https://www.itoki.jp/products/chair/vertebra03/

イトーキさんからサンプルをお借りしているので、現物の写真をまじえて
使用感などをご紹介いたします。

まずは全体の写真です。

e585a8e4bd93e58699e79c9f

ご覧の通り、どことなく気品を感じさせるこじんまりとしたたたずまいという印象がありますね。

とは言っても、実際に座ってみると、ほかの同サイズの椅子よりもはるかに座り心地がしっくりくるのです。
漠然とした言葉では伝わりにくいですよね。
ではなぜしっくりくるのでしょうか?まとめてみます。

しっくりくるポイント
①座面が前後に移動する
②背面がちょうどいい角度まで傾く
③座面が立体的で自然に気持ち良い場所に着座できる

②について
全体の写真だけを見た限りでは、どこでどう背面が傾くのかがつかみにくいですよね。


e582bee3818de794bbe5838fe59ca7e7b8ae

肘置きの付け根が起点となって傾くのです。
傾くといっても45°とかにめちゃくちゃリクライニングするというわけではありません。
公式HPでも記載がありますが、このバーテブラ03は25°だけ傾けることができるんです。
しかし、これくらいの角度の方が安定した着座姿勢を保つことができるんです。(あくまで私個人の感想ですが)
実際に私もバーテブラ03に腰掛けながらブログを書いていますが、
猫背にならず自然と背筋を伸ばした姿勢で快適にパソコンに向き合えております。

そして、バーテブラ03の魅力はこれだけではありません。
座面の下にあるレバーを使ってちょっと椅子の座面を上げてみましょうか。

e5baa7e99da2e4b88b


って!!!レバーが無いぃぃぃ!!!!!


えっ、じゃあどうやって座面を上げ下げするんだよー!

次回へ続く…!(容量いっぱいでこれ以上書けなかったですトホホ)

こんな時だからこそ椅子にこだわっチェアいましょう

オフィスチェア, オフィス家具 No Comments

昨日まで続けてきました移動式ラック紹介も一区切りつきましたので、
本日からはこのご時世にタイムリーなお話でもできればな、と思います。


この一か月で様々な企業で業務形態が在宅勤務(テレワーク)に切り替わっています。
弊社も一部在宅勤務制になったのは先日のブログでもご紹介しました。


在宅勤務だと当然自宅で仕事を行うことになりますよね。
その内容もおそらくパソコン操作などのデスクワーク。


と、いうことはつまりほとんど座りっぱなしの状況になるのです。

となると椅子にこだわれば、快適に仕事ができるということに直結するのです。


そこで椅子選びのポイントをお節介ながらご紹介いたします。

その① 肘置きは可動タイプがイイ!
肘置きが可動するタイプになるとやはり肘無し、または固定タイプのものより高くなります。
とはいえ、椅子の肘可動はいまや高さの調節だけでなく、内向きや外向きなどの角度も調整できるのです!
使う方がよりしっくりくる姿勢で仕事を行えるために、肘置きは可動タイプにした方がおすすめです!


その② 自分に合う背面の長さを考えてみる!
オフィスチェアには基本的にローバック仕様とハイバック仕様が用意されています。
その名の通り、ローバックは背面が短めで、ハイバックが長めになっています。
あまり背面にもたれかからない、という方にはローバックが、
もたれるのが好きで椅子に包み込まれるような感覚の方が好み、という方にはハイバックがおすすめです。
ちなみに私は断然ハイバック派です。


その③ 体に接する面の生地も要チェック!
オフィスチェアの中にはメッシュ生地と布生地の2種がラインナップされている商品があります。
メッシュ生地は通気性がよく、夏場でもあまりムレを感じにくい素材です。
最近の商品ではメッシュが主流になっています。
布生地タイプはメッシュ生地のものよりもクッション性に優れています。
これに関してはどちらがおすすめ、というよりも使われる方の好みで選ぶところになりますね。


以上がざっくりとした椅子選びのポイントでした。
参考にしていただけますと幸いです。


また次回以降も皆さんのお役に立てる情報をお届けできればと思います。

T・S

壁面を無駄なく使ウォール

移動式ラック No Comments

平日のど真ん中水曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

どうも、何週間か前に自分の更衣ロッカーの隣のロッカーに「トナー」という名札が貼られていて、
(え?!「トナー」っていう外国人が入社するの⁉)と思ってしまったT・Sです。
恐る恐る中を開けてみたらプリンタのインクのトナーが入ってました(そりゃそーだ)

さて、本日は移動式ラック紹介3部作の最終部です。

本日紹介するのは、壁面に沿ったタイプのものです。

本ブログでもおなじみのイトーキさんからは、
スライドラックSS型という商品が出ています。
distribution_product_ima-19
引用:株式会社イトーキ様 「物流ソリューション製品紹介」
https://www.itoki.jp/solution/distribution/products.html


昨日まで紹介していた商品とは違い、壁に沿って設置できるのが大きな特徴です。


「ちょっとこの壁面にスペースがあるから何か設置したいなあ」という場合にもうってつけです。

本体幅は1880㎜からラインナップされているので、空いているスペースに合わせて
連結数を変えられる自由度もあります。(このタイプのラックに限ったことではないけど)

「結局どの移動式ラックが一番合っているのかわからない!」
という方、ぜひ弊社までお気軽にお声掛けください。
どのようなラックが合うのかをご提案させていただきます。


とここまで、3回にわたって移動式ラックをフィーチャーしたものの、
正直に申し上げますと、コロナウイルスによる情勢を鑑みると、
この時期に「お声掛けください」と書いても何だか浮世離れしています。

なので明日からは今のタイミングだからこそ!な記事を投稿しようと思っておりますので、
ぜひご覧くださいませ。

T・S

電動なんて(ん)どうでしょう

オフィス家具, 移動式ラック No Comments

昨日から引き続き移動式ラックご紹介シリーズです!


電動式ラックは一言で言うなら「移動式ラックのフラッグシップ」
電動により、安全性や操作性の高さを実現しております。



特に高性能な商品がイトーキ様 システマオートラックAn型でございます!


systemaautorack_an_img03

引用:株式会社イトーキ様 システマオートラックAn型
https://www.itoki.jp/products/shelvesracks/an/



他の追随を許さないポイントが操作性であります。


言葉で表現するよりも写真で見ていただく方がわかりやすいですよね?

なので、まずは写真を↓
ph01


引用:株式会社イトーキ様 システマオートラックAn型
https://www.itoki.jp/products/shelvesracks/an/



スマートフォンの普及ですっかりお馴染みとなった
フリックアクションの波がついにオフィス家具にも…!



動かしたい方向にパネルを指でなぞるだけで書架が動くのです!


今まで手で押す、もしくはハンドルを使うなどある程度力を要する作業が
なんということでしょう、指一本で実現してしまうのです!



”じゃあ、もしラックの自動移動中に隙間に人が入り込んだらどうするの?”



ご安心ください!
通路進入センサーにより、センサーが人などで遮蔽された場合、
動きがロックされるようになっているんです!ぬかりがありません。



記事を書いている内に私はイトーキさんの回し者になった気分なので、
(だってほらうち正規代理店だし…)
ここからはメーベル社員の本分を果たさせていただきます。



もし、電動式ラックにご興味を持たれましたらぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください!
http://www.me-beru.co.jp/contact/index.html
(メーベル社員の本分コーナー終了)


お話を戴きましたら、本分を存分に果たすために頑張らさせていただきますので…


明日は移動式ラック紹介最終回なので、またご覧いただけると幸いです!



T・S

移動式ラックで書類の整理や閲覧もラックラク!

オフィス家具, 移動式ラック No Comments

皆さん、移動式ラックというオフィス家具をご存知でしょうか?

別名で「移動式書架」とも呼ばれています。

その名の通り、レールに乗っかった書架が移動することによって
書架の数が多くても省スペースで大量の書類へアクセスできる代物なのです。スゴイでしょう⁉


とりあえず書類は空いているスペースに置いておくか、ということが続いて
いつの間にか書類の山が出来上がって、書類を探すのも大変!なんてご経験はありませんか?
それを防ぐために移動式ラックはとても便利なんです!


今日からちょっとしたシリーズ形式でそんな移動式ラックをフィーチャーしてみます!

moverack_fh_img09
引用:株式会社イトーキ様 ムーブラック フラットハンドルタイプ
https://www.itoki.jp/products/shelvesracks/moverack-flathandle/


イトーキ様のこのタイプは意匠性にもこだわられていて、
デザイン性のある空間を演出したい場合にもってこいの商品です!


この他にもさまざまな移動式ラックが展開されています。
明日も引き続きご紹介いたしますので、ぜひご覧くださいませ(^^)/

T・S

こんな商品も取り扱っております!

オフィス家具, キッズコーナー No Comments

おはようございます。

本日はお日柄が良いものの迂闊に外出できないのが歯痒く感じますね。
さて、本日はこんな商品も取り扱っておりますよ、というご紹介です。


弊社はオフィス家具を中心にお取り扱いしていることは昨日の記事でもお伝えしましたが、
机や椅子、キャビネットや間仕切だけがオフィス家具ではございません。


e382ade38383e382bae382b3e383bce3838ae383bc



こちらは今年納品、設置いたしましたキッズコーナーです。
設置し終わった途端、子どもたちが早速遊んでくれていて、やり甲斐を肌で感じることができました。


昨今はお子さん連れで勤務をされる方も増えてまいりました。
そのような場合にこのようなキッズコーナーが役立つと思います。

もしご興味ご関心を持たれた場合にはぜひお気軽にお声掛けください!
http://www.me-beru.co.jp/contact/index.html


今日は金曜日、ということで一週間のラストスパート頑張りましょう(^^)/
T・S

オフィスの家具とは

オフィス家具 No Comments

こんにちは

突然ですが、オフィスの家具と聞くとどのようなものが頭に浮かびますか?

おそらくスチール製で無機質な見た目のTHE・実用性重視!なものが一般的なオフィス家具のイメージかなと思います。

私はオフィス家具業界に身を置いてまだ半年も経っていない身ですので、
あまり偉そうに解説できる立場ではございませんが、


昨今のオフィス家具業界でのトレンドは「温かみがあり、まるでカフェラウンジかのようなお洒落さ」であるということは申し上げられます!

各メーカー様のカタログ、フェアでもこの属性を持った商品が全面に押し出されている印象があります。

せっかくのブログですので、そのトレンドの代表格を画像を使ってご紹介させていただきます。

イトーキさんのノットワークシリーズです。

e382a4e38388e383bce382ade3838ee38383e38388e383afe383bce382afe58f82e88083e794bbe5838f

株式会社イトーキ様 ノットワーク
https://www.itoki.jp/products/creativework/knotwork/


これがオフィス家具⁉というレベルの洗練されたデザインですよね…!
堅苦しさが無く、ワーカーの働きやすさを考えて作られている商品です。


オフィス改装をご検討中の方にはこのような方向性もありますよ
ということを頭の片隅にでも入れていただければ幸いです。


そして実際にオフィス改装を行うという場合には
ぜひ弊社メーベルまでお気軽にお声がけくださいませ(^^)/
http://www.me-beru.co.jp/contact/index.html

ブログの再始動

【ご挨拶】 No Comments

当ブログをご覧の皆様、はじめまして!
12月に入社しました新人社員のT・Sと申します。


この度、私が新たにブログ担当となりましたので、
このブログを弊社HPをご覧になる方(お客様、オフィス改装等を検討される方、求職者の方)
にメーベルとはなんぞや、ということをお伝えできるコンテンツへと育んでいければな、
と思っております。


という所信表明をしたものの、
現在、今までの日常はすっかりコロナウイルスに浸食され、社会全体の足並みが大きく狂わされていますよね。
その影響は弊社にも及んでおります。
HPのお知らせ欄でも掲載しておりますが、
4/14(火)から弊社でもシフト制となっており、一部社員は在宅勤務となっております。
(詳細につきましては http://www.me-beru.co.jp/pdf/20200413_covid-19.pdf をご覧ください)

かく言う私も在宅勤務の状況で、この記事を書いている次第です。
一刻も早い収束もとい終息へ向かうため、まずは簡単かつ有効な予防策として手洗いうがいを心掛けましょう!


私もコロナウイルスに追い込まれてばかりでは悔しいので、
次回以降の更新でメーベルの仕事についてや、気になるオフィス家具などをご紹介できればな、と思っております!
ではまた!

« 前へ    次へ »