仕事を楽しくするちょっとしたアイテム

3:35 pm オフィス用品, 万年筆, 文房具

少しばかり天候が怪しい金曜日の午後、皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近めっきり雨が降らなかったので、久々に降るかなって感じですね。
(私は雨が嫌いなので降らないでほしいですけど)

さて、今日は閑話休題として私的に仕事が楽しくなるアイテムをご紹介します。

それは、「万年筆」です。


(お前のようなペーペーがそんなご立派なものを使うのは不相応だろ)


そんな内なる声に”全く”耳を貸さず、先日買ってしまいました。

万年筆は高価で敷居が高いイメージがありますよね。
私もいくら安くとも1万円くらいはするだろうと思っていました。

でも、調べてみるとそれが意外とそうでもないんです。

最近では、私のような若年層やさらにその下の学生層もターゲットにした万年筆が出ているのです。


今日はその中でも個人的に特にいいな、と思った2点を紹介します。

1つ目は一番敷居が低く、かつ品質も良いパイロットさんの「カクノ」です。
https://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/kakuno/
カジュアルなボールペンのようなデザインです。
ペン先にはニッコリ笑顔の刻印もされていてかわいらしさがあります。

それに加えて、ペンの正しい持ち方が身につきやすいデザインなので、
お子さんが小さいうちに正しい持ち方を覚えさせたいという親御さんにもおすすめできる商品です。

そしてなんといっても価格が1000円程度という安さが魅力的ですね。
万年筆の書き味を1000円で体験できるとなると、今まで万年筆に触れてこなかった人にもうってつけです。

でも、見た目が幼すぎて仕事の場で使いにくいじゃん。
という方に紹介するのが、同じくパイロットさんの「コクーン」です。
https://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/cocoon/

ちなみに私が今使っている万年筆もコクーンです。

コクーンはその名の通り、繭を意識したデザインです。
その繭のような形状と適度な重みで持ちやすく、ビジュアルも高級感を醸し出しています。

またカラーバリエーションも多く、いずれもビジネスシーンにフィットします。
インクの流れもスムーズで、さらさらと文字を書くことが出来ます。

そんなステキな万年筆が3000円あれば買えてしまうというのが、げに恐ろしきことです。
私も使っていて良さがわかるからこそ、より強くおすすめできます。

そして、万年筆を持つことにより、私の中でちょっとした意識改革が起こりました。


”字を綺麗に書こうという思いが強くなる”

今まで他人が読めるレベルの字を書くことが出来れば、そこまで綺麗な字を書けなくてもいいかという調子でした。

ですが、せっかく万年筆を使うならば綺麗な字で書かないと勿体無いな、という意識が芽生えました。


万年筆を存分に生かす機会としてプライベートでは毎日日記をつけるようになりました。

仕事では公的な書類に対してはインクの裏抜けが怖いのでまだ使っていないのですが、
メモ書きや社内で完結する書類等に関しては万年筆をガンガン使っています。
そのおかげで字を綺麗に書くコツを少しずつ掴めているような気がしています。

こうやって意識することで、字を綺麗に書くことも、読む相手に対しての思いやりの一つではないかな、と改めて感じさせられました。

そういう思いやりを積み重ねていけば、仕事もより楽しくなると私はそう思います。

みなさんも万年筆の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

T・S

Leave a Comment

Your comment

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.