温度計+自動消毒機「ピッとシュ!」の実機レビュー

アルコール, ビジネス, 商品紹介, 快適空間, 感染症対策 No Comments

たまーーーに、社外の方から「ブログ見てますよ」ってお言葉を頂戴することがあります。
ご覧いただきまして素直に嬉しいですし、とてもありがたいなと思うんですが


なぜだか恥ずかしくなります。

別にそこまで変なことを書いているつもりはないのですが…。

と言いつつ、今日も平常運転でブログを更新していきます。

さて、今回はタイトルの通り、以前当ブログでもご紹介いたしました

「ピッとシュ!」の実物が弊社に届きましたので、写真を交えながら使用感を紹介いたします。

まずは外観

20200930_115157

他メーカーの自動消毒器では容量500mlが関の山でしたが、
「ピッとシュ!」では1200mlの消毒液を入れられる大容量タンクを備えております。
(ジェルタイプの消毒液には対応しておりません)


ではその分サイズも大きいのか、というとそうでもないんです。

W96 x
D208 x H253 mm ですので、わかりやすくお伝えするならば
幅は私がいつも使っているマグカップの高さ分くらい

奥行きは弊社のエントランスにあるカウンターくらい

高さは私が日ごろ愛用しているライオン事務器製机上鞄「BIZICAL」くらいです。

わかるか
冗談はさておき、サイズはざっくり電気ケトルくらいを想像してもらえればいいかな、と思います。
(幅に関しては電気ケトルの約1/2程度にはなりますが)

ですので、消毒液容量は多いですが、置く場所はそこまで選ばないかと思います。

ちなみに、このフォルムをご覧になったとき、
(どうやって温度を測るんだ…?)と疑問に感じた方もいらっしゃるかもしれません。


こう測るんです。
20200930_115209
そう、手をかざすんです。
その際、「ピッとシュ!」には触れる必要はないので安心。

そして、温度がモニターに表示されます。




20201007_133108
「36.5℃」
平熱そのものです。

37.4℃まででしたら温度の数字が緑色で表示されます。

そして、37.5℃から38.9℃まではオレンジ色で表示されます。

じゃあ、それ以上の温度の場合はどうなるの?

それを解明するためにメーベル探検隊はジャングルをかき分けて、熱湯をかけた布巾を「ピッとシュ!」にかざしてみました。

20201007_133026
「39.9℃」



39.0℃以上になると「ピピピ!」と警告のアラームが鳴り、温度の数字が赤色で表示されるのです。

いかにも危ない状態だ、ということをわかりやすく教えてくれるのです。


温度を測り終えたら、消毒タイム。
20200930_115236

こちらも手をかざすだけで良いので、「ピッとシュ!」に触れる必要はありません。

さて、メインの機能をご紹介しましたが、「ピッとシュ!」にはこれらの機能について細かな設定が出来ます。

主なもので言いますと、測定温度の音声読み上げ機能です。
聴覚的にも伝わりやすく、非常にユーザーフレンドリーです。

それに加えて、消毒液噴出量も調節できます。


消毒液噴出量を減らすことも出来ますので、消毒液を出した後、手から床にボタボタとこぼす…
なんてことを回避でき、経済的です。

色々と機能をご紹介しましたが、
最大の魅力は一切、手が「ピッとシュ!」に触れることなく検温・消毒を行えることに尽きます。


従来の温度計ですと、どうしても機械を握らないといけないですし、
消毒液の場合は、手でポンプを押さないといけないので、そこから感染するリスクも少なからずあります。

受付の方が測るケースでしたら、お客様がいらっしゃるたびに出てきて検温というのも手間になりますし、
お客様と密な距離感になってしまうという問題もあります。

そこで「ピッとシュ!」を正しく使えば、それらのリスクを0にすることが出来るということこそが一番の魅力ではないかな、と思っています。


エントランス・店舗の入り口等、多くの方が入られる場所にもってこいな「ピッとシュ!」


次々とご注文をいただいております人気商品ですので、
ご興味持たれましたらぜひお声がけください。

内装工事も出来ちゃいます

オフィスレイアウト, オフィス移転, レイアウト変更, 内装工事, 快適空間, 感染症対策 No Comments

ウィーケンドアフタヌーン、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日私はとある現場で工事立ち合いをしてきました。

そう、そうなんです。

弊社は家具や感染症対策グッズの販売だけを行っているわけではございません。

内装関係や看板などの工事も出来るんです。
(看板については以前ご紹介させていただきましたね)

今日の工事内容は間仕切りの解体でした。

職人さんが凄腕でしたので、想定よりもだいぶ早く片付きました。


弊社では間仕切りの設置、解体であったり、床のタイルカーペット貼り付けやOAフロア設置も承っております。

最近では感染症対策として、間仕切りを設置して部屋を小分けにするという使い方もあったり。

弊社HPでも間仕切り工事についての解説ページがございますので、そちらもご覧いただけるとより理解が深まるかと思います。
URL:http://www.me-beru.co.jp/service/parition.html



内装工事のみの場合でも大歓迎ですので、検討されている方はぜひぜひお気軽にお声掛け下さい。

一つに溶け合う二つの機能 「ピッとシュ!」

アルコール, インテリア商品, オフィス用品, 商品紹介, 快適空間, 感染症対策 No Comments

週明けの月曜日、いかがお過ごしでしょうか。

週末から今朝にかけて台風10号が九州を縦断していき、こちら関西でも一部暴風警報が発令された地域もありました。

何せ大きな被害が無ければよいのですが…。


その一方で、新型コロナウイルス感染症は落ち着きを見せていますね。

8月に感染者数が増え、どうなるものかと思っていたのですが、

このまま何とか収まってもらいたいものです。


そんな中、ありそうでなかった感染症対策商品を紹介させてください。

シーテック株式会社さんの「ピッとシュ!」という商品です。


まるで長嶋監督が考案したかのようなネーミングですが、すごい代物なんです。



「ピッ」要素:検温



「シュ!」要素:手指消毒



この商品は上記2つの機能を兼ね備えているんです。ん~、どうでしょう。


感染症対策に必要なものがオールインワンになっており、なおかつサイズもコンパクトなので配置しやすく、工事は不要。

音声で検温結果を通知するのですが、日本語・英語・中国語に対応しております。

こんな素敵な感染症対策グッズなのですが、


なんと!!

弊社でもお取り扱いしております✋

ご興味持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

意外とあっけなく入手できたアレ

ビジネス, リフレッシュタイム, 感染症対策 No Comments


まだまだ夏の暑さが引いてくれない今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は外を少し歩くだけで汗が頬を伝います。ハンドタオルも午前中の内にぐっしょりとしてしまいます。

そして外すことのできない呪いの装備と化したマスク。


そんなマスクなのですが、ネットニュースを見ていたら、

あの「エアリズムマスク」が早くもリニューアル版が発売された、という情報を目にしました。

エアリズムマスクはつい数か月前に発売され、発売当日には売り切れ続出になったのは記憶に新しいですが、
通気性に難有りという評判が多かったそうな。

そこですぐさま通気性を改善した改良版を出すことが出来るフットワークの軽さには感服してしまいますね。

そのネットニュースを見て、興味本位でユニクロの通販サイトを覗いてみたんですが、

なんと普通に売っていました。こんな普通に売っているもんなんだとビックリしたんで、興味本位で買ってしまいました。


興味本位って怖いですね。

そして今それを着けて仕事を行っているのですが、

サイズ感もピッタリで通気性も特に気になることもなく、

エアリズム特有の薄~いひんやり感もあり、特に不満点はありません。

しかし、もっとひんやりしていそうな冷感マスクも気になる。

興味本位で手が出てしまいそうです。


いや~、本当に興味本位って怖い。

最近は熱中症も増えてきていますから、

マスクを着けっぱなしにせず、不必要な状況では臨機応変に外すことも心掛けないといけませんね。

サッと拭ける椅子

Office Chairs, アルコール, イトーキ, オカムラ, オフィスチェア, オフィス家具, ビジネス, 商品紹介, 感染症対策 No Comments

今日一日、ボタンダウンシャツの襟を留める部分が、一番上のボタンに掛かっていたことに夕方になって気が付きました。

お会いした方に(うわ、ボタン掛け違えてるじゃん)と思われたんじゃないかと思うと、夜も朝までしか眠れません。



気持ちを切り替えて、今日はおすすめの椅子の張地をご紹介いたします。

最近、椅子の張地はメッシュが主流となっています。

背中が蒸れにくく、夏は特に快適に過ごせるのでメッシュ張地は便利です。

しかし、メッシュは拭き取り掃除などの手入れがしにくい素材でもあります。

昨今は感染症対策のために消毒などの手入れが重要視されていますので、メッシュ張地はその面で見れば分が悪いです。




そんな中、ビニールレザー張地が今キテるんです。


表面は程よい光沢を帯びているので、サッと拭きとりやすく、耐アルコール素材でもあるので、消毒処理もしやすいです。

ただ、いくらビニールとはいえ、レザー素材となると高価な椅子にしか備わってないんじゃないか。

そう思われるかもしれません。



しかし、安価なランクに位置する商品にもビニールレザー張地仕様のものがございます。
(価格は通常の張地と比べて上がる場合がございます)



毎日使うものに感染症対策を取り入れることが、感染症抑止に効果的ではないかな、と思います。


ご興味が湧きましたら、ぜひ弊社にお声掛け下さい。


ボタンを掛け違えた恥ずかしさもサッと拭き取れたらいいんだけどな~