神戸ハーバーランド/内装工事が終盤を迎えてる現場から

オフィス移転, ガラスパーティション, 内装工事, 受付サイン, 快適空間, 施工写真 No Comments

2月も今日が最終日。 神戸の寒さも少しずつ和らいで春を感じる季節となりました。

ハーバーランドで始まった内装工事も順調に進み終盤を迎えています。

今日は、朝から最終の仕上げ工事が始まってます。

img_5469

会議室のガラスパーティションにはフォグラスシートが貼られました。

img_5447

受付では社名サインの取り付けが始まってます。

img_1672

img_1696

執務スペースでは電気配線の仕上げ工事が始まりました。

img_5513

週末の家具の納品に備えて最後は清掃作業で今日の仕上げ。

こちらのオフィスから見える神戸の街並みはすごくキレイです。

日が暮れてくるとキレイな夜景が広がります。

こんなオフィスがうらやましいです。

img_5520

Atsushi.K

京都烏丸/内装工事が終盤を迎えてる現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 施工写真, 石膏ボード, 軽量鉄骨間仕切り, 配線工事, 電気工事 No Comments

京都も底冷えする寒さを感じるようになってきました。 寒い中、職人さんが頑張ってくれてます。
山の方では白く雪化粧が始まってるところも・・・

そんな京都で、先月末から始まった内装工事が終盤を迎えるようとしています。
少し工事風景をご紹介します。

img_4567
img_4589
img_4629
img_4720
軽量鉄骨で間仕切りの下地組みが進んでいます。
図面の設計寸法どおりに間仕切りの下地が組まれ壁の骨組みが姿を現しました。
間仕切りのベースとなる大切な工事なので、寸法を間違えないように慎重に行います。
仕上がりのレベルも、とても重要になってきます。
下地がキレイに組みあがると、仕上げまでキレイです。

img_4754
プラスターボード(不燃ボード)貼りが始まりました。
軽量鉄骨の骨組みが壁面へ姿を変えます。
同時にガラスの仕込みも始まり、※ガラス注意の張り紙をペタペタ。

img_4815
こちらでは、おっとこまえな電気屋さん(エアコン屋さん)の配管仕込み作業が始まってます。
先月、パパになったそうです。 あっ、子供の名前を聞くの忘れてたー

12月になると、職人さんのスケジュール調整がなかなか 大変・・・大変・・・

img_4847

img_4848
壁クロスの施工も終わり、化粧された壁が室内の雰囲気を一新しました。
M監督さんも掃除機を片手に仕上がりの最終チェックといったとこでしょうか。


ちなみに今日のお昼のランチは、現場近くのお店で 煮干し香るらぁ麺(大盛)をいただきました。
img_2796
img_2797
あっさりしてて美味しかったぁ~(^O^ゞ ごちそうさまでした。

設計デザイン・現場撮影: Atsushi.K
e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a0

東大阪市/ガラスパーティションの施工が始まった現場から

ガラスパーティション, ネットワーク工事, 内装工事, 受付サイン, 快適空間, 施工写真, 電気工事 No Comments

4月27日 東大阪市の現場はガラスパーティションの施工が始まりました。

ガラスで部屋を仕切ることで開放感を確保しながらそれぞれの空間をつくっていきます。

今回は、受付エントランス(商談コーナー)/執務スペース/社長・応接室/リフレッシュルーム と4つの空間をつくりました。

img_15101

パーティションを設置するのにフレームから施工が始まりました。 天井・床・壁とビスで固定です。

img_1614

天井面まである大きなトビラが取り付けられてます。 トビラのクローザーも格納式でスッキリ!!

img_1490

同じフレームが3か所設置されて部屋が4つに分けられました。

img_1558

設置されたフレームにガラスをはめるパーツが取り付けられていきます。

シンプルに見えるフレームも数多くのパーツが組まれて仕上げられていきます。

img_1635

img_1647

img_1694

続いてガラスがはめ込まれコーキングがされていきます。

img_1665

同時に電気・電話・LANの配線工事が始まりました。

img_1719

img_1705

いつも現場でお世話になってる配線工事の職人さんとも息ピッタリで順調に工事が進んでいきます。

床下がOAフロアだと配線を通すのも早くて仕上がりがとても綺麗です。

img_1730

ガラスのコーキングも順調に進み最後の仕上げ作業が始まりました。

img_1814

ガラス中央にフォグラスシートは貼られて施工が終了しました。

img_1753

商談コーナーから執務スペースを眺めると、このような感じになります。

img_1755

リフレッシュルームから受付・商談コーナーを眺めると、このような感じになります。

部屋の開放感を残しつつ、しっかり目線をカットすることで広がりを感じる空間に仕上げてみました。

img_1854

写真左側は執務スペース、写真右側はリフレッシュコーナー

執務スペースの照明は書類等が見やすい昼白色、リフレッシュコーナーはおちついた空間を演出する電球色と使い分けました。

照明器具と床の仕上げ材を変えるだけで、まったく雰囲気が異なる空間に仕上げることができます。

img_2073

受付には間接照明を設け社名サインとカウンター(受付tel)を設置。 お客さまのイメージ通りに仕上がりました。

3月末に始まった工事も、約1か月間でここまで仕上がりました。

ご協力いただきました業者さん、職人さん、メーカーさん、最後まで有難うございました。

社長さま含め、従業員の皆さまからも喜んでいただき本当に嬉しかったです。

早速、こちらのオフィスへの引越し作業が始まりました。

続いて、外周りの工事で建物の外壁塗装と大きな社名サインの取付準備に入らせていただきます。

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a0

東大阪市/内装工事の床材仕上げが始まった現場から

内装工事, 施工写真, 軽量鉄骨間仕切り No Comments

4月25日 東大阪市の現場は内装仕上げ(床材施工)が始まりました。

img_1321

プリントタイルを施工するのに糊をつけていく作業です。

img_1323

床職人さんが次々と床材を貼っていきます。

img_1335

木目調のプリントタイルは継目を少しずつずらして貼るのが綺麗に仕上げるポイントです。

img_1376

施工が終わった床は綺麗な木目調であたたかみと高級感を感じる仕上がりとなりました。

img_1314

執務スペースの床仕上げは、OAフロアの上にタイルカーペット貼りです。

モノトーンな感じの仕上がりです。

img_1389

これで内装工事の表装仕上げが終了しました。

次回から「ガラスパーティション」で間仕切りを建て、部屋をつくっていく工事が始まります。

営業担当:K.Matsumoto    設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a0

東大阪市/内装工事のクロス仕上げが始まった現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 施工写真, 石膏ボード, 軽量鉄骨間仕切り No Comments

4月21日 東大阪の現場は内装仕上げ(クロス貼り)が始まりました。

img_1221

クロスに糊をつけてカットする機械が大活躍します。

img_1260

クロス職人さんがパテ処理しながら次々とクロスを貼っていきます。

地域によっては、左官屋さんがパテ処理をして、クロス屋さんがクロスで仕上げていくところもあるようです。

img_1304

今回も柄違いのクロスを数種類で貼り分けしていきます。 各部屋の雰囲気を変えていく計画です。

 

4月24日 東大阪の現場ではOAフロアの施工が始まりました。

img_3247

社長室、執務スペース(事務所)になるエリアには、床下配線ができるように樹脂で50mm床上げします。

この中を電気、電話、LAN等の配線を通し必要な場所で立ち上げるのでフロア上は綺麗な仕上がりとなります。

明日は、床の仕上げ作業です。 仕上がりが楽しみです。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K/K.Matsumoto

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a010

東大阪市/内装下地工事が終わり外壁工事が進む現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 施工写真, 石膏ボード, 軽量鉄骨間仕切り No Comments

4月18日 東大阪の現場は内装下地(プラスターボード)仕上げが終わりました。

img_1122

内装下地がとても綺麗に仕上がりました。 私が描いた図面通りの仕上がり寸法です。

LGS100mm下地に、プラスターボード12.5mm張りです。

ところどころに見えてコンクリートは、建物の基礎となるコンクリト基礎の一部。 ポイントに素地で残しました。

img_1142

こちらの受付カウンター下地も私の描いた図面通りの仕上がり寸法です。

img_1154

外では外壁の施工が順調に行われています。 

img_1138

外壁のカラーは、お客さまからの強いご希望で マット(艶消し)ブラック で施工。

img_1162

既存建屋の外壁もマットブラックに貼り替えてイメージチェンジ!!

現場監督のおやっさんも一生懸命スマホで工事写真を撮影中してました。

 

4月20日  東大阪の現場ではクロス貼りの準備が始まりました。

img_1164

img_1170

img_1176

室内では天井、壁面に下地調整(パテ)が行われています。

明日からクロス貼りが始まります。

室内の雰囲気が変わります。 どんな雰囲気になるのか楽しみです。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a09

東大阪市/土間(床)上げが終わり外壁の準備が始まった現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 施工写真, 石膏ボード, 軽量鉄骨間仕切り, 鉄骨造(S造) No Comments

4月11日 東大阪の現場で土間(床)工事が始まりました。

img_0998

img_1003

床の職人さんふたりで次々と床材が張られていきます。

天井高CH:2600mmを確保するために、仕上がり高を+110mm OAフロア設置スペースは+60mmで施工。

img_1039

土間(床)が出来上がりました。 

床の段差はOAフロアを施工するとフラットな仕上がりになるように-50mmで仕上げてます。

img_1054

4月13日 天井ボードに照明器具の開口が開けられました。 

img_1077

足場が撤去され壁の壁下地の最終工事の準備が整いました。

img_10581

img_1083

外では外壁(サイディング)を取り付ける準備が進んでます。

明日は外壁(サイディング)が張られ、H綱が姿を隠します。

構造体を見れるのも明日で最後です。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a08

東大阪市/天井下地が終わった現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 快適空間, 施工写真, 軽量鉄骨間仕切り, 配線工事, 鉄骨造(S造), 電話・電気・LAN No Comments

4月8日 東大阪の現場で天井下地の工事が組み終わりました。

img_0884

img_0915

H綱から照明器具を埋め込むのに必要は有効高85mmを確保。

今日から電気屋さんの配線仕込み工事がスタートです。

img_0949

天井の照明器具が取り付けされる場所の開口をつくり補強材を仕込んでいきます。

img_0883

img_0930

照明器具に使用する配線と、通信線を入れるための空配管が通されます。

天井材を張る前に配線工事ができると作業効率がよく短時間で作業が終われます。

img_0937

現場に断熱材(内装用グラスウール)が搬入されました。

img_0991

壁面に断熱材(グラスウール)が詰められていきます。

img_0988

天井にも断熱材が敷き詰められていきます。 

img_1014

img_1028

断熱材(グラスウール)は敷き詰めれれた天井面はボードが張られていきます。

工事は工程通り順調に進んでいきます。

ご協力いただいてます業者の方々、職人のみなさん、ありがとうございます。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a07

東大阪市/軽量鉄骨LGS下地組み工事が始まりました

LGS間仕切り, 内装工事, 大阪, 施工写真, 石膏ボード, 軽量鉄骨間仕切り No Comments

4月6日 東大阪の現場で軽量鉄骨LGSの下地組み工事が始まりました。

H綱で建てた骨組みに壁となる下地を造っていく作業です。

img_0762
資材がホイスト(クレーン)に吊られて運び込まれます。

img_07701
プラスターボード(石膏ボード)を積んだトラックも現場に到着しました。

img_0781
次々と資材がホイスト(クレーン)に吊られて運び込まれていきます。

こちらは天井になる15mm厚の合板です。 屋内の為、防水処理等は必要ありません。

img_0813
今回使用する軽量鉄骨LGSは、H綱の100mmに合わせて同じ厚みの100mmを選択しました。

ランナーを上下に固定していきます。

———————————————————————————————————————————–

①上下ランナーの固定とは ・・・

ランナーを芯墨、逃げ墨に合わせ、端部を押さえ900mm程度に打込みピンなどで、床、梁下、床版下などに固定する。

ただし、鋼製天井下地などに取付ける場合は、タッピングビスの類または溶接で固定する。

ランナー両端部は端部より約50mm内側を固定する。

打込みピンは、建設用びょう打銃による発射固定びょうであり、安全管理及び保管には注意が必要である。

———————————————————————————————————————————–

img_0823
img_08313
固定したランナーにスタッドを建てていく作業です。

プラスターボード(石膏ボード)をシングルで施工する為、ランナーは300mmピッチで均等に建てられます。

———————————————————————————————————————————–

②スタッドの建込みとは ・・・

スタッドの間隔は、施工図に基づき下地張りのある場合は450mm程度、仕上げ材料を直張りするか、壁紙または塗装下地の類を張付ける場合には300mm 程度とし、スタッドを上、下ランナーに建込む。

また、スタッドがコンクリート壁などに据え付く場合は、振れ止め上部に打込みピン等で固定する。

———————————————————————————————————————————–

img_08561
水平方向に振れ止めを通し、振れ止めが浮かないようにスペーサーで押さえます。

振れ止めを通す高さには穴が開けられてます。 建てる向きも決まってます。

———————————————————————————————————————————–

③振れ止めとは ・・・

床面ランナー下端から約1.2m毎に設ける。

ただし、上部ランナーから400mm以内に振れ止めが位置する場合は、その振れ止めは、省略する ことができる。

振れ止めは、フランジ側を上向きにしてスタッドに通し、振れ止めに浮きが生じないようスペーサーで押さえ付ける

———————————————————————————————————————————–

img_0868
LGSの建込み作業も順調に進んでます。

明日は天井下地と電気配線の仕込み作業です。

営業担当:K.Matsumoto     設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a0

東大阪市/鉄骨造の仕上げ工事が始まりました

内装工事, 大阪, 施工写真, 鉄骨造(S造) No Comments

4月5日 東大阪の現場で鉄骨造(S造)の仕上げ工事が始まりました。

img_0603
現場は階段の取付準備が始まっています。

ホイスト(クレーン)に吊られて建物に固定されます。

img_0613
現場監督のおやっさんは、地墨自動合わせの機械で仕上がり精度を再確認!!

img_0635
高力ボルトの本締め作業も完了! 立派な鉄骨造が組みあがりました。

img_0642
階段の取付も順調に進んでます。

これで鉄骨造の全工程が終了。

明日から軽量鉄骨で壁の下地組みの作業です。

営業担当:K.Matsumoto    設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a01

« 前へ