東大阪市/土間(床)上げが終わり外壁の準備が始まった現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 施工写真, 石膏ボード, 軽量鉄骨間仕切り, 鉄骨造(S造) No Comments

4月11日 東大阪の現場で土間(床)工事が始まりました。

img_0998

img_1003

床の職人さんふたりで次々と床材が張られていきます。

天井高CH:2600mmを確保するために、仕上がり高を+110mm OAフロア設置スペースは+60mmで施工。

img_1039

土間(床)が出来上がりました。 

床の段差はOAフロアを施工するとフラットな仕上がりになるように-50mmで仕上げてます。

img_1054

4月13日 天井ボードに照明器具の開口が開けられました。 

img_1077

足場が撤去され壁の壁下地の最終工事の準備が整いました。

img_10581

img_1083

外では外壁(サイディング)を取り付ける準備が進んでます。

明日は外壁(サイディング)が張られ、H綱が姿を隠します。

構造体を見れるのも明日で最後です。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a08

東大阪市/天井下地が終わった現場から

LGS間仕切り, 内装工事, 快適空間, 施工写真, 軽量鉄骨間仕切り, 配線工事, 鉄骨造(S造), 電話・電気・LAN No Comments

4月8日 東大阪の現場で天井下地の工事が組み終わりました。

img_0884

img_0915

H綱から照明器具を埋め込むのに必要は有効高85mmを確保。

今日から電気屋さんの配線仕込み工事がスタートです。

img_0949

天井の照明器具が取り付けされる場所の開口をつくり補強材を仕込んでいきます。

img_0883

img_0930

照明器具に使用する配線と、通信線を入れるための空配管が通されます。

天井材を張る前に配線工事ができると作業効率がよく短時間で作業が終われます。

img_0937

現場に断熱材(内装用グラスウール)が搬入されました。

img_0991

壁面に断熱材(グラスウール)が詰められていきます。

img_0988

天井にも断熱材が敷き詰められていきます。 

img_1014

img_1028

断熱材(グラスウール)は敷き詰めれれた天井面はボードが張られていきます。

工事は工程通り順調に進んでいきます。

ご協力いただいてます業者の方々、職人のみなさん、ありがとうございます。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a07

東大阪市/鉄骨造の仕上げ工事が始まりました

内装工事, 大阪, 施工写真, 鉄骨造(S造) No Comments

4月5日 東大阪の現場で鉄骨造(S造)の仕上げ工事が始まりました。

img_0603
現場は階段の取付準備が始まっています。

ホイスト(クレーン)に吊られて建物に固定されます。

img_0613
現場監督のおやっさんは、地墨自動合わせの機械で仕上がり精度を再確認!!

img_0635
高力ボルトの本締め作業も完了! 立派な鉄骨造が組みあがりました。

img_0642
階段の取付も順調に進んでます。

これで鉄骨造の全工程が終了。

明日から軽量鉄骨で壁の下地組みの作業です。

営業担当:K.Matsumoto    設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a01

東大阪市/鉄工所跡地で鉄骨造の工事が始まりました

内装工事, 大阪, 施工写真, 鉄骨造(S造) No Comments

4月4日 東大阪の現場で鉄骨造(S造)の工事が始まりました。

床の塗装を終えた現場。 昨晩から雨が降ってます。

朝から床にシートを敷き、ベニア板等で養生を終えたところに鉄骨を積んだトラックを入れました。

この建物は元鉄工所!! 天井には7.5トンのホイスト(クレーン)が2機設置されています。

もちろん使用できる状態です。

img_0125
img_0147
このホイスト(クレーン)を使い、トラックから鉄骨が降ろされていきます。 搬入作業が始まりました。

物流倉庫の中に鉄骨造(S造)で120平米の事務所を造っていく工事です。

img_0199
荷物の搬入が終わり、柱を建てるための墨だしが行われています。

この作業がとても重要で柱の位置を正確に決めていきます。

柱がずれてしまうと建物が真っ直ぐに建ちません。

img_0205
墨だしを終え、アンカーが打ち込まれたところに A通、B通 と描かれた柱がホイスト(クレーン)に吊られて建てられていきます。

img_0313
img_0319
img_0473
img_0533
次から次へと鉄骨が組まれ建物のカタチが見えてきました。

img_04961
現場監督のおやっさんも施工の管理をしながら一生懸命に施工写真を撮られてます。 スマホも大活躍ですね。

img_0585
職人さん達の活躍で鉄骨造の骨組みが出来上がりました。 

仕上がり寸法も図面通りに納まりました。

これで高力ボルトの本締めができます。

本日の作業はここで終了。

明日は残工事と階段の取付作業です。

営業担当:K.Matsumoto      設計デザイン・現場撮影:Atsushi.K

e382b9e382bfe38383e38395e38396e383ade382b0-e38395e38383e38380e383bce291a02